問題解決(課題解決)の方法【動画】

動画が出来ましたので、アップいたします。

問題解決課題解決)の方法について説明いたします。

私たちは、現在の状態よりも、更に上にある幸福を求めて生きています。

ところが、私たちの身の回りには、自分の力ではどうしようもないと思われる様々な問題に直面させられます。幸せの前に出現する大きくとても巨大なとなって突然現れます。

その度に、「なぜ自分だけが」とか「なぜ、家らだけが」という思いに駆られ、まるで自分だけが悲劇のヒロインを感じ、自分だけが世間から、つまはじきにされてしまっていると思いこんでしまうことがあります。

自分に降りかかった、不幸とも思われる数々の問題を解決できれば、今より、もっとあなたは、幸福でいることが出来ます。

あなたが更なる幸福を目指すために行動するのなら、幸福の女神はあなたに近づいて微笑んでくれるものと私は確信します。

正しい判断の元、様々な問題をご自身知恵乗り切るための方法をお知らせするために、この資料を作成いたしました。

それでは、はじめます。

理解を深めていただくために、具体例を挙げて説明して行こうと思います。

最初に、協力者としてS氏に、御登場して戴きます。

彼に、簡単な課題を与え、私が提案する「問題解決の方法」を体感して戴きました。

最初に彼のプロフィールを簡単に説明いたします。

彼は、現在不動産の仕事に就いています。

4歳の男の子を持つ、一般的な社会人です。

彼は、高校野球で有名な九州の柳川高校出身です。

彼は、千葉県の中学から特待生として高校に入学しました。

キャッチャーとして、甲子園出場も2回果たしました。

卒業後、麻布十番のお店で修行を続け、早くして店長に抜擢されました。

その後、野球が縁で不動産業に転職しました。

持ち前のバイタリティでバリバリ仕事をこなし、人望も厚い人間です。

カウンセリングの結果、次のことがわかりました。

彼には、こんな悩みがありました。

  1. 収入少ないこと。
  2. 人に騙される事が多いこと。
  3. いつも忙しく、家族と過ごす時間をあまり持てないこと。
  4. 効率的な作業の仕方がわからないこと。
  5. 行動無駄が多いこと。
  6. 生活全般の、問題山積し消化しきれなくなっていること。

こうした、問題を一気に解決する手立ては、残念ながらありません。

問題を一つ一つ解決していった結果、現在よりも約束された未来が、開けるのです。

私は、彼の思考法改善することにより、3番~6番の問題解決できると考えました。

そして、今より悩み事が軽減できると考えました。

1番と2番の問題に対しては、別のアプローチが必要ですので、後日配信予定の映像を見て戴くか、私に直接コンタクトして戴ければ解決策見出すことができます。

誰に対してもそうですが、私が、ある方法論を相手にお伝えするときに、必ず実施することは、簡単な課題を与えることです。そして、その課題アウトプットを相手に期待します。

その課題に沿って、今現在、その人が持つ方法論観察することから始めます。

私は、彼に、こんな課題を与えました。

あなたが、「10人規模の忘年会の幹事」を任されたとして、その課題解決するために、あなたが、取るべき行動を可能な限り、短い文章の箇条書きで列挙するように指示しました。

その結果彼から、以下のアウトプットが得られました。

このアウトプットに対し、大まかに見渡すと、1行に複数の出来事が記入されていることが散見されるので、これらを一つずつの行に分けて記入するように再び指示を出しました。

その結果得られたアウトプットは、次の通りです。

【上記の動画参照のこと】

次は、これらのやるべきことの要素を、何か意味のある名前を付けた、グループに分けて貰うよう指示しました。

その結果得られたアウトプットは、次の通りです。

【上記の動画参照のこと】

次に、各グループの内容に着目して、段取りを考えて、じ系列に並べ替えて貰えるよう、指示しました。又、重複していると思われる項目があれば削除するように指示しました。

その結果得られたアウトプットは、次の通りです。

【上記の動画参照のこと】

このアウトプットを見て、次に私は、各グループに着目して、足りていない項目があれば、追加するように指示しました。

その結果得られたアウトプットは、次の通りです。

【上記の動画参照のこと】

ご覧戴いた通り、WordやExcelを使えば、文字の配置換え、追加がとても容易に行えます。

問題解決のアイディア作成にこれらのソフトを使用すれば、とても効率的に作業できます。

だいぶ、中味が洗練されてきたので、ここから私は、彼に方法論の説明をはじめることにしました。

確立されている、方法論は、たくさんありますが、今回のケースで私が、説明した方法論は、以下の4つです。

  1. ブレーンストーミング
  2. KJ法
  3. 特性要因図
  4. PDCAサイクル

以上の4つです。

まずは、セルフ・ブレーンストーミング(これは、私が作った造語です)で、自分が今、与えられた課題に照らして、思いついた項目箇条書きで、書き出して貰いました。自由発想をしている時に、批判は、絶対に禁物です。

もしかすると、抜けがあるかもしれませんが、それは、後からえばいい話です。

次に、KJ法に準拠して、情報の整理と、情報漏れ抽出しました。

情報の順序を、時系列並べ替えたり。要するに、ブレーンストーミングの最中は、批判評価をしませんが、このステップでは、大いにそれらを実施します。

次に、問題解決の、道しるべとなる特性要因図を作成致しました。

そして、これに沿って行動していれば、決してわき道に逸れることなく、目的に向かってまっしぐらに突き進めることが理解頂けました。

今回の例では、必要なしと判断したのですが、大事な概念なのでPDCAサイクルの説明を追加しました。

計画遂行するに当たり、当初策定した計画では、思ったほどの成果が期待できないことがよくあります。

こんなときには、plan,do,check,actionの順序で、PDCAサイクル実施することが大事です。

これまでのように、

やみくもに突っ走ることを改めること。

行動計画を立ててから行動すること。

計画実施に当たり、PDCAサイクル意識すること。

以上を、体験しながら学んで戴きました。

ここまでの、所要時間は、大体60分程度でした。

完成した、特性要因図は、以下の通りです。

【動画参照】

ご覧の通り、厳密さには欠けますが、やるべき要素行動一目瞭然となりました。

彼が、物事の捉え方と、方法論が習得できれば良いと考えたので、厳密さは追求していません。

例えば、当日の宴会をもっと、盛り上がるように企画したいと考えるのなら、その部分に着目して、更にブレークダウンしていけば良いだけのことです。

後は、完成した、その計画に沿って実行するだけで、本来の目的である、「10人規模の忘年会の幹事」は、十分に勤め上げられるようになります。

まとめ

リラックスした状態で、頭の中にあるものを全て吐き出すこと。

人は、ほかの事を考えながら作業することが苦手です。

仕事でも同じことが言えます。集中しないで作業した結果、成果物の精度を落とす事になります。

複数のテーマが頭の中を駆け巡っている状態で、同時に問題解決を図ろうとしないように心がけたいです。

リラックスした状態で、吐き出したものを、整理すること。

確立された方法論に従って、情報を整理すると、頭の中までもとても整理されます。

情報が整理されると、この要素に絡んで、まだ、出し尽くされていない要素を引っ張り挙げることが出来ます。

また、全体を見渡すと、情報の漏れに気がつくことがあります。

アイディアがわきあがることがあります。

これだけの作業をすると、あなたの問題意識が、の中に刷り込まれていきます。

ふとした瞬間、例えば。

  1. 風呂の中で、リラックスした状態のとき
  2. の中で
  3. 睡眠から覚めたとき
  4. ホッと一息ついたとき
  5. トイレに行ったとき

こうした時に、更なるアイディアが沸いてくることがあります。

自分が纏めた、特性要因図を見せながら、ベテランや仲間にアドバイスを求めてみてください。

自分の頭にない、アイディアをいただける事が期待できます。

アイディアをいただけなくても、あなたの仕事への取り組みかたがアピールできますから、上司から高評価されます。

慣れてくれば、小さな、課題、問題であるなら、これらのステップを頭の中で実践できますから、間違いなくスマート対応ができるようになります。

これからの、生活、ビジネス、人間関係の構築において、今回の学びを理解実践すれば、最短距離で、問題解決できます。

あなたは、これから起こるであろう、様々な困難な問題に立ち向かうために、今すぐに、この手順を実践し、訓練する必要があります。

人生、最大の危機が訪れたとしても、全く動じないあなたになる為に、今からそのスキルを磨いておく必要があるのです。

あなたの計画した、しっかりと地に足のついた、指標が最初に定まっていれば、他の人からあの人は、優柔不断だとか、言っていることがコロコロ変わるとかの、陰口をたたかれることがなくなります。

あなたは、自信を持って行動することが出来ます。

その結果、あなたは、他の人から羨望の眼差しで見られるように変化します。

あなたの企画力を、あなたの上司が認め、ボーナスや昇進にまで繋がるようにあなたは、変貌します。

今回、私が期待する、クライアントのアウトプットは、自ら紙に書き出すという行動をして、その成果を私に見せることでした。

作業にして、30分位のアウトプットでした。

これ位の知恵を授かることで、S氏が今後この方法活用し続けたなら。

未来が、開けるのですから、こんな安上がり方法はありません。

様々な不安や、困難に出くわしている最中の方に対し、チャットや、電話を通じて、私はアドバイスすることが、出来ます。

直接、アドバイスを求めたり、相談されるのは、全然かまいません。

お気軽にご相談ください。

ただ、私から一つだけ条件があります。

行動せずに結果だけを求める人がよくいます。

あなたが、行動できない人であると私が判断したなら、私は、アドバイスも支援も致しません。

なぜなら、行動が伴わない人は、永久に自分を変えることが出来ないからです。

追伸:

どうしても目的を持てない人であるとか、行動できない人がいらっしゃいます。

その場合、どうしたら、目的を持てるのか。

又、行動できる人間変身できるのか。

一緒に改善の手立てを捜すことが出来ますので、これもご相談に応じます。

以上で、問題解決方法の説明を終了致します。

この動画で説明した、方法論の詳細については、解説の映像を作成しますのでそちらをご覧ください。

又、様々な局面で利用できる、他の方法論についても、解説の映像を順次作成しますのでそちらをご覧ください。

不幸と思われる現状をいち早く抜け出し、幸せに向かって更に自分向上していければ、あなたにとって、先の未来は、とても明るいものとなります。

様々な方法論体得し、次に、正しい知識で、催眠会得すれば、身体ともに健康状態を保てます。

人間関係において、催眠活用すれば、信頼関係を構築でき、あなたの人生は大きく飛躍できます。

その結果として、あなたは、幸福になれます。

あなたが、一日も早くその生涯を幸福でいられるようにとの思いから、この映像を作成いたしました。

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です