習慣について【動画】

動画を、アップしました。

最初に

習慣について、考えてみました。

私は、仕事や、事業の成功の上幸福があると考えてきました。

その考えの元に、行動し続けた結果。

現在、幸福であると宣言できます。

習慣を改善することにより、成功引き寄せられます。

その結果として、幸福引き寄せられると考えてきたわけです。

私のやり方を真似して、実践することにより、幸福願望のある方の、お役に立てればと考え、この資料を作成しました。

前提知識として、問題解決課題解決)の方法について学んでおく必要があります。

習慣とは何かを、明らかにした後、成功するための習慣改善計画を作成します。

後は、その計画PDCAサイクルで実行することにより、最短距離で幸福が得られると確信しています。

習慣とは何か

習慣(habit)とは、日常的に繰り返される行いのことであり、その土地の文化にも影響します。

その人の習慣は、後天的な行動様式であり、反復して行われることで固定化されます。身体的な振る舞いの他に、考え方など精神的、心理的な傾向をも含みます。

人の成功に影響する所が大きいため、「習慣は、第二の天性なり」とも言われます。

習慣は、基本的には個人の行動様式を指しますが、ある集団に共有される様になった場合は「慣習」と呼ばれます。

個人的な習慣と異なり、共同体的な慣習は集団内部の方向性と均質性を保つため、成員に対し慣習の遵守を求めるとともに、違反者に対し一種の制裁(嘲笑・非難など)が加えられることもあります。

エミール・デュルケームによれば、習慣はそれが通用している間は、反省されることがないといわれています。習慣が廃れて初めて、反省されることになります。

子供は習慣に固執し、暗示によって容易に他の習慣に乗り換えることから、子供の、この性質を道徳教育に応用できるとも考えられます。

一般的に、成人後、高齢になればなるほど習慣で行動する傾向が強くなり、その矯正も難しくなってきます。

習慣を変えるのは一般的に困難なことだとされますが、ロバート・マウラーによれば、小さな控えめな一歩を継続することで習慣を変えたり、新しい習慣を身につけることが可能だと言われています。

習慣とは何かが、わかったところで習慣改善計画を作成します。

ステップは、次の通りです。

内容が奥深くまで、及びますので3フェーズにわけて説明します。

  1. 習慣の洗い出し
  2. 健康維持
  3. スキルアップ

フェーズ1.習慣の洗い出し

自分の現在の習慣洗い出します。

その為に、まず悪い習慣洗い出します。

悪い習慣は、断ち切ります。

悪い習慣は、自分でも気がついている習慣であれば、改善できますので、それを洗い出します。

自分で気がつかない習慣改善させたいのであれば、他の人から教えてもらい、洗い出します。

次に、良い習慣洗い出します。

良い習慣は、お金をかけない、お金をかけるで、分けて考えます。

スキルが身についていない頃、最初から、お金をかけていては、いつまでたってもお金に無縁となってしまいます。

お金は、スキルアップと、ともに自然に自分に転がり込んできます。

だから、最初は、お金をかけません。

そして、良い習慣は、自分の為になりますので、継続させます。

フェーズ2.健康維持

健康を維持するためのフェーズは、以下のようなステップを踏みます。

目標設定では、目標設定着目し、計画を作成します。

計画の作成方法は、既に皆様ご存知の、問題解決の方法に準拠して作成します。

続く、肉体強化、精神強化、食事、睡眠についても同様な方法で、皆様ご自身で作成した、計画になります。

皆様の、参考になればという考えから、私が着目したテーマを上に述べただけですので、皆様は、皆様なりにアレンジして考えてみて下さい。

個々に方法論がありますので、今後作成予定の別の資料で明らかにします。

すぐに知りたいという方は、私へのコンタクトをお願い致します。

フェーズ3.スキルアップ

スキルアップするためのフェーズは、以下のようなステップを踏みます。

自分が求めているスキルに対し、そのスキルが自分以下、自分以上(ここでは、成功者)にわけて考えます。

手っ取り早く、私は自分よりも成功している方々、それもそのスキルにおいて第一人者に近い方、の、真似をすることにしています。

それが、成功近道です。

自分以下の方々というと語弊がありますが、(自分よりもスキルが劣る方)に対しては、お話は、聞くことはありますが、その方々がする、おいしい話には、耳も傾けませんし、実践もしないということをに刻み込んでいます。

失敗する可能性が高く。

ろくなことがおきません。

時間の無駄です。

自分のが傷つきます。

自信を失うことに繋がります。

だから、話半分で聞き流します。

決して実践しません。

成功していない人を参考にするよりも、現在成功している人の真似をする方が、成功確立が高く、より成功に近づけるからです。

成功している方、の、やり方が、自分の性に、合う、合わないの問題に遭遇しますが。

そんなとき、私は、自分の感性を一旦取りはずして考えます。

どんな方法であれ、とりあえず試してみます。

そしてそれは、結果として現れますのでそこを観察します。

成功者にとって、どんなに良い方法でも、自分にあったやり方というのがあります。

結果をチェックしてみて、自分の成果に繋がらないと判断したとき、他の成功者をあたり又、その方、の、真似をすることからはじめます。

このステップも、個々に方法論がありますので、今後、作成予定の別の資料で明らかにします。

すぐに知りたいという方は、私へのコンタクトをお願い致します。

PDCAサイクルの中で、気がついた項目は、習慣改善計画に織り込みながら継続させます。

大切なことは、最初から完全な改善計画を作成しようと思わないことです。

実施項目が、最初のうちは少なくても、まず、改善に向けて一歩足を踏み出すことが大切です。

この一歩足を踏み出すことのできない人が、イコール、成功できない人なんです。

一つ一つの成功体験が、とても小さなものであったとしても、纏まれば、すごい成功自信、周りからの信頼となって返ってくるわけです。

これ以外の方法で、一気に成功できるやり方というのが、あるのなら私は知りたいです。

成功の先に幸福が待っていると、信じています。

皆様もこの幸福に向けて精進されるのなら、必ず、今の自分とは違った自分に変われます。

一日も早く、幸福であると思える、自分と巡り合えることを願っております。

どうしても、このステップを踏んでも、習慣が変えられないとお悩みの方は、アドバイス致します。

コメント欄を通じてご連絡下さい。

一緒に、問題解決しましょう。

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です