思い込みの怖さを今知ろうI am sense wax now in the fearfulness of the wrong impression.

あなたには、どんな思い込みがありますか?
What wrong impression do you have?

「私なんて、この仕事をする能力がないから」
” Because I don’t have the ability to do this work ”

「ダイエットしても痩せなかったから、また同じだ」
” I wasn’t lean even if it dieted itself and also I am the same ”

「素敵な人に出会っても、必ず振られる。また今回も同じだ」
” I am certainly shaken even if it meets a nice person also, I am the same this time, too, ”

「今以上にお金を稼げるようになるはずない」
” the possibility that it becomes possible now to earn money above relents ”

「親と仲直りなんてできない」
” It isn’t possible to make reconciliation being parents ”

いろいろ思いつけば、小さなものから、大きなものまで、もっともっと出てきますよね。
If coming up with it variously, I come out from the small one more to the big one.

私が持っていた思い込みといえば、
If saying the wrong impression which I had

「頑張っても、また失敗するかも知れない」
” Hard, too, and also I may fail “.

「私は起業なんてするタイプじゃない」
” I am not the type that I do flotation ”

「私は手先が器用じゃない」
” My fingertip isn’t dexterous ”

などなど。
The and all that

では、現在はどう思っているのか?というと、「苦手だと思い込んでいたけれど、実は出来るのかも知れない」
Well, how do I think at present? When saying, I am ” I fancied weak but I may be being actually made ”

思い込みができるには、きっかけは色々あります。一度失敗した、あなたには合わないと言われた、それは不可能ですと、一般的に言われている。とか。
For a wrong impression to be made, there is a chance variously.
I say that it to have said that didn’t fit you who failed once is impossible generally.

よく聞くのに、こんな表現はありませんか?
In spite of hearing well, is there not such an expression?

「性格は変わらない」と。
Saying ” the character doesn’t change ”

私は、例えば「怒りっぽい」とか、「几帳面」とか「いつも悪い方にばっかり考える」など、
For example, I am ” I am short-tempered “, and ” preciseness ” and ” I think only in the one which is always worse ” and so on.

私は、これは「性格」というよりも、「今、その人が陥っている状態」であると思っています。
I think that this is rather ” the condition which the person falls into now ” than ” the character ”

もちろん、その人それぞれが持っている持ち味はあると思います。それは、基本的な魂の本質からくるもので、輝きだったり、思いやりだったり、見切りの良さだったり。

Of course, I think that there is a good point which the each of the persons has.
it is a blaze, coming from the essence of the basic soul and, being kindness and being doing giving-up improving

持ち味と、「陥っている状態」は、非常に似ていて、見分けがつきにくいですが、人はすべて、輝く魂を持っていると考えれば、自分を常に罵倒する上司や、考え方が合わない義理の両親など、彼らが、たくさんの思い込みや感情を着込んで「その状態に陥っているだけ」だったら、すべてを脱ぎ捨てると、全く違う人が現れます。
The good point and ” the falling condition ” are very akin and it is difficult and to seize out distinction but the completely different person appears when they such as the boss who always abuses itself and the parents of the social duty which the way of thinking doesn’t suit wear a lot of wrong impressions and feelings if thinking that the person has all shining souls and cast all off if being ” only I fall into the condition ”

思い込みの怖さは、あなた自身と、あなたを取り巻く環境にもダイレクトに関わります。
The fearfulness of the wrong impression directly concerns the environment which surrounds yourself and you, too.

では、取り巻く環境とは?
Of the environment well, to surround?

それは、あなたがやりたい仕事、あなたが描いている将来の生活、あなたが克服したい悩み、そういったものが、あなたが「一瞬でも」望んだ明るい方向へ向かうのを、思い込みが阻止し、打ち砕くのです!
The wrong impression prevents that the work that you want to do, the life in the future which you draw, the distress to want to conquer you, the so needed one head for the bright direction which you wanted ” even if it was blink-of-an-eye ” and smashes it!

思い込みが、学習への意欲、学習からの結果、すべてをマイナスの方向に引っ張ります。
The wrong impression pulls conation to the learning, a result, all from the learning to the negative direction.

あなたの思い込みが、良い方に働くような思い込みだったら、結果はあなたが望む方向へと進むのです。あなたの力と、あなたを取り巻くもっと大きな力で。
If being the wrong impression as it acts on the one that your wrong impression is better, I advance towards the direction which you want in the result.
By your power and the bigger power which surrounds you

あなた一瞬でも、リアルに想像できた将来は、あなたが実現できる可能性があるという宇宙からのサインでもあります。
Even if it is blink-of-an-eye in you, in the future which could be realistically imagined, I am a signature from the space that there is possibility that you can realize.

思い込みを消す、または変えるというのは今日決心して、今日、明日変えるのはハードですが、出来ますよ。
By determining to erase a wrong impression or to say that it changes today, today, changing tomorrow is hard but it is possible changing is done.

断言できるのは、私がそうしてやっているからです。
I am because I am doing that it is possible to assert so.

もっとも身近で私の生き方を見ていて、「そんなこと、出来ないって。そんなこと出来たら、みんなやってるよ」ということを私は実際に実現しました。
I was seeing my life most near and I realized a fact of ” the thing with loss, I am not made I am doing all if such a thing is made ” actually.

試して、実感し、結果を出した人がいるなら、それは「絵空事」ではありません。
If there is a person who tried and actually felt and let out a result, it is not ” a pipe dream ”

あなたも、ぜひ、思い込みを変えていくチャレンジをしてみてください。
You, too, attempt to do the challenge of changing a wrong impression by all means.

やり方がわからない?
Don’t I understand a way?

では、私に会いに来てください。熱血に、丁寧に、お伝えします。
Well, come to the meeting to me.
Politely to the hot blood, I tell.

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です