支援について About the support

私は、良く支援を要請されます。

主なものとして

  • 金銭に絡む問題
  • 夫婦の問題
  • 家族の問題

に分かれます。

かつて、相談者の熱意や、困窮者の現状を目の当たりにして自分のポケットマネーから融資したことがあります。

最終的な回収率は10%に満たない経験をしました。

融資したお金の総額は3千万円を優に超えました。

I have well requested to support.
As the main one

  • The problem which twines to the money
  • The problem of husband and wife
  • The problem of the family

The boiling separates.
Ever, I look directly at the zest of the confider the present situation of the poor person and I have provided them from the pocket money of myself.
The final rate of collection did the experience which doesn’t fill 10 %.

The provided money total sum exceeded 30000000 yen fully.

この時、学びました。

一時的に、お金を融資してあげても、お金を生み出す努力の出来ない人は永久にその呪縛からは逃れないのだと。

私はどうしたらその人がスキルアップして、自立して少しでも収入アップさせることが出来るか。

それ以降、私は、自分が知る限りのノウハウを無償で提供することを心掛けてきました。

私からの助言に素直に応じ、行動できた人は必ず結果を出します。

1年前には、夢にも見なかった生活を手に入れています。

夢を現実化するのには、多少の時間が必要です。

それが待てなくて、現実に必要なお金だけを求める人には、私は支援しません。

At this time, I learned.
When the person where it isn’t possible to do the effort which produces money doesn’t escape from the spellbinding forever even if it provides money temporarily
How does the person rise in the skill if I do, am I independent and can he make an income rise a little?
Since it, I tried to provide know-how in the limit which I know in the free.
The person who answered an advice from me obediently and could act lets out a result certainly.
I obtain 1 year before the life not to have dreamed of.
To actualize a dream, the time of the number is necessary.
It can not wait and I don’t support to the person who seeks only actually necessary money.

ここに一つの例え話があります。

道端に今にも死にそうな犬や猫が捨てられていました。

あなたならどうしますか?

私は、自分が責任を取ることが出来るのなら、連れて帰ります。

そして、その子が自分の力で餌を探したり出来るように導きます。

それが、出来ない時私は、その子たちを見ても見ないふりをします。

冷たく感じられるかもしれません。

しかし、あと数時間で神に召されるかもしれない運命の動物に対し中途半端に再び飢えたり苦しんだりさせるのなら、知らないふりをするのが優しさであると思っています。

私は、今、そういう人間です。

This place has one fable.
The dog that dies soon, too, and the cat it seems dies were thrown away to the wayside.
How do you do?
I return, taking if I can take the consequences.
Then, I find out as the child searches for a bait with his power and can do it.
When it isn’t made, I pretend not to see even if I see the children.
I may be coldly felt.
I think however, that pretend not to know kindness if making starve again halfway to the animal of fate which the god may call later within several hours and suffer.
I am such a human being now.

明日子供に食べさせるお米が無い。

今住んでいる家を明日には追い出される

法定利息を超える借金をしてしまい、死ぬしか選択肢がない

そんな人に知恵を与えることが多くなってきました。

There is not rice to make a child eat tomorrow.
Tomorrow, I have the house to live in now driven.
There is a alternative only in having done the debt which crosses a legal rate and dying.
Giving such a person sense increased.

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です