皮下出血 The subcortical-bleeding

皮下出血の原因には、打撲や圧迫や加齢や病気等、色々有ります。

皮下出血の原因は、打撲や圧迫や加齢や病気等、色々多岐に渡ります。皮下出血の原因の、打撲や圧迫や加齢等は、余り心配がいりません。皮下出血が起こりやすい原因の病気が、84程も有りますので、打撲や圧迫や加齢等以外は、専門医のアドバイスを受けた方が、良い様です。

皮下出血とは?

皮膚の下に皮下組織があり、太るとここに脂肪が付きます。
皮下出血はここに出血したものです。皮下に出血して血のかたまり(血腫【けっしゅ】)ができると皮膚が盛り上がって、こぶができたようになります。

出典:http://www.hemophilia-st.jp

皮下出血の原因

皮下出血の原因には、色々有ります。加齢によるものや、病気によるもの、打撲や圧迫によるものなど色々です。

最初は赤紫色ですが、時間が経つと青黒くなり、最後には消えます。
皮膚は比較的柔らかいので伸び縮みし、その下の組織をあまり抑えつけません。このため皮下の出血だけではそれほど痛みはありません。

出典:http://www.hemophilia-st.jp

青あざの所を押さえるとすごく痛いことがありますが、その場合は皮膚の下の筋肉も傷んでいることが多いです。

出典:http://www.hemophilia-st.jp

皮下出血の原因

皮下出血の原因は、様々ですが、日常いたるところに、皮下出血を起こす原因が、隠れています。又加齢に成ると、皮膚が薄く成るので、少し強く推しただけで、皮下出血する事も有ります。特にワーファーリンなどの薬を飲んでいる人は、皮下出血を起こしやすいです。

いかなるタイプの皮膚出血も、医学的緊急事態の可能性があります。というのは、髄膜炎菌性敗血症(すなわち、髄膜炎菌による疾患の非常に危険な併発症)あるいは他の重症の出血熱たとえはデング熱)によって引き起こされる出血の発疹の可能性があるからです。 1か所の局所皮下出血は、単に局所損傷から生じた打撲傷の可能性がありますが、このタイプの皮膚の出血は、生命に危険が及ぶ可能性があるため、直ちに専門医師の医学的診断を必要とします。

出典:http://www.shoojoo.jp

皮下出血の原因

皮下出血の原因に、髄膜炎菌性敗血症、デング熱等が有るそうです。又皮下出血の原因の病気には、84程の病気が有ります。打撲や、圧迫、加齢の原因以外の、皮下出血は、専門医に行かれた方が良い様です。

皮下出血の原因

皮下出血の原因は、色々有ります。打撲、圧迫、加齢、病気によるものなど、色々有ります。

皮内出血は小さい点(点状出血)または大きい、平らなパッチ(紫斑病)として現れることがあります。場合によって母斑が皮内出血と間違われることがあります。通常は、皮膚を押すと、青白くなり、放すと赤みを帯びるか元の色に戻ります。しかし、皮内出血があるときは、皮膚を押さえても青白くなりません

出典:http://ja.healthline.com

内出血と皮下出血の違い

打撲や圧迫により体内の血管が破れ、皮下組織内に出血する現象は、皮下出血と呼ばれます。
皮膚や皮下組織などが損傷した際、皮膚の表面は破れずに血液が体内に留まるので、皮膚は青色から紫色、褐色へと変わっていきます

出典:http://naisyukketu.com

皮下出血の原因

皮下出血の原因に、白血球などの減少による、皮下出血が有ります。白血病や、敗血症などは、皮下出血を起こす原因となります。

内出血と皮下出血の違いは、一般的な言葉として使用されているのが内出血で、皮下出血は医学用語です。
病気と疾患の違いのようなものです。
一般的に病気という言葉は、医学では疾患、疾病という言葉になります

出典:http://naisyukketu.com

内出血と皮下出血の違いは、内出血にはいろいろな種類があって、その中には、皮内出血、皮下出血等がある、という事です

出典:http://naisyukketu.com

皮下出血の原因

皮下出血を起こす可能性のある感染症や疾患には次のようなものがあります: 
• 髄膜炎(脳や脊髄を覆っている膜の炎症) 
• 白血病(血液細胞のがん) 
• 連鎖球菌性咽頭炎 
• 敗血症(細菌感染症による全身の炎症)

出典:http://ja.healthline.com

皮下出血の原因

皮下出血の原因に、白血病などの病気が有ります。赤血球の減少による、皮下出血を起こしやすい病気です。

次のいずれかの症状がある場合は、直ちに治療を受けてください:

出典:http://ja.healthline.com

出血部位の痛み 
• 皮膚からの出血 
• 罹患部の皮膚の暗色化 
• 四肢の腫脹

出典:http://ja.healthline.com

年齢を重ねると血管を保護しているコラーゲンや脂肪組織が減少します。そのことで皮膚はだんだんと薄くなり血管を守れなくなります

出典:http://www.skincare-univ.com

皮下出血の原因

加齢に成ると、図の様にコラーゲンや、エラスチン、ヒアルロンサン等が減少して、皮膚が薄く成り皮下出血の原因となります。

また血管自体も脆くなるので、わずかな衝撃が加わっただけでも皮下出血が生じます。その皮下出血が薄くなった皮膚から透けて見えるので紫色の斑点に見えるというわけです

出典:http://www.skincare-univ.com

皮下出血の症状

人間の血管は年齢を重ねるごとに弱体化して脆くなっていき、ちょっとしたことでも皮下出血を引き起こすようになるので注意が必要です。

出典:http://www.skincare-univ.com

血管は加齢に成ると、破れやすく成り、加齢が皮下出血の原因と成っています。

皮下出血の原因

加齢に成ると、少し強く推しただけで、皮下出血が出来ます。加齢が原因で、色々な皮下出血が出る事が有ります。皮下出血は、病気などで、ワーファリンを飲んでいる人等は、血管が破れやすく成っているので、皮下出血の原因となります。

最初は赤や紫色だったものが、次第に黄色に変色する場合もあります。稀に軽い痛みを生じますが、ほとんどの場合痛みは伴いません。

出典:http://www.skincare-univ.com

皮下出血の原因の予防

体の血の流れを活発にしてあげることで治りが早くなります。食事から血液にとって必要な成分を摂取してあげましょう

出典:http://hapila.jp

皮下出血の原因予防

皮下出血の原因の予防は、食べ物で、鉄分を補う事も大事に成ります。

血液にとって必要な成分は、ヘモグロビンをつくるために必要な「鉄分」鉄分を効率良く吸収するために必要な「ビタミンC」の二種類になります

出典:http://hapila.jp

記事番号:37275/アイテムID:1182010の画像

出典:https://welq.jp

皮下出血の原因予防

皮下出血の原因の予防に、ビタミンCの食べ物が、鉄分の吸収を促進するそうです。

(鉄分)      小松菜・カツオ・レバー・パセリetc

(ビタミンC)   ピーマン・レモン・いちご・ブロッコリーetc

出典:http://hapila.jp

皮下出血の原因のまとめ

この様に皮下出血の原因を見てきましたが、皮下出血の原因には、色々な原因が有ります。打撲、圧迫、加齢、病気などが有りますが、血管が破れやすく成っている人が、皮下出血を起こしやすいので、鉄分やビタミンCを摂ると良いそうです。加齢などは、血管が硬く成り、もろく成っているので、皮下出血を、起こす原因となります。皮下出血も痛みを伴わない場合、自然に治る場合も有ります。
皮下出血の病気には84程の病気が有ります。打撲、圧迫、加齢などの原因以外の皮下出血は、専門医のアドバイスを受けた方が良い様です。

SNSフォローボタン

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です