ストレスにより生じる不安感、不眠、腹部症状などのお悩みに In the distress of the misgiving, the sleeplessness, the abdominal symptom which occurs with the stress and so on

「C-23ガセリ菌」は長きにわたる研究によって、〝脳腸相関〟にもとづくさまざまな有効性が発表されています。ストレスをケアすることで、不安感や睡眠の質、腹部症状を改善する「C-23ガセリ菌」の働きについて試験データを元に解説していきます。

As for ” the C-23 ガセリ bacteria “, a wide range of effectivity which is based on 〝 brain intestinal-phase barrier 〟 is released by the research over being long.
A test data is explained to original about the function of ” the C-23 ガセリ bacteria ” which improves the quality, the abdominal symptom of the misgiving and the dormancy in doing a stress in the care.

4週間の摂取でストレスによる「不安感」「睡眠の質」「腹痛症状」の改善を確認!「C-23ガセリ菌」の有効性データ① ?抗ストレス試験?

I confirm that the stress improves ” misgiving ” ” the quality of the dormancy ” ” the stomachache symptom ” by the 4 week intake! ” The C-23 ガセリ bacteria ” effectivity data ①
?The 抗 stress test?

 

試験概要

The test overview
ストレスのかかった人24名を2つのグループに分け(1グループ12名)、「C-23ガセリ菌」を含む粉末および含まない粉末(プラセボ)を4週間ずつ摂取してもらい、身体的ストレス・精神的ストレスの程度を評価しました。

I divided ( 12 one group ) 24 persons whom the stress hung over into two groups, I had the powder which contains ” the C-23 ガセリ bacteria ” and the powder ( the placebo ) not to contain taken in about 4 weeks and I evaluated the degree of the stress having to do with a body and the mental stress.

結果

The result
「C-23ガセリ菌」の摂取によって、ストレスにより増加する不安および不眠のスコアが改善することを確認しました(図1、2)。また、ストレスにより生じる腹痛症状も、「C-23ガセリ菌」摂取により改善することを確認しました(図3)。
さらに、客観的なストレスマーカーであるストレスホルモン(唾液中のコルチゾール)の分泌も抑えられることを確認しました。ストレスホルモンは、ストレスがかかった時、多く分泌されます。「C-23ガセリ菌」の継続的な摂取が、ストレスの感じやすさを和らげたと考えられます(図4)。

( Figure 1 or 2 ) of ( which confirmed that the score of the anxiety which the stress increases and the sleeplessness improved by the intake of ” C-23 ガセリ bacterium ” ”
Also, as for the stomachache symptom which occurs with the stress, too, I confirmed that it improved by ” the C-23 ガセリ bacteria ” intake ( Figure 3 ).
Moreover, I confirmed that the secretion of the stress hormone ( the cortisol in the saliva ) which is an objective stress marker, too, was suppressed.
A lot of stress hormones are secreted when the stress depends.
( ( figure 4 ) of thinking of the susceptibility of the stress that the continual absorption of ” C-23 ガセリ bacterium ” ” softened

(澤田大輔ほか、第13回腸内細菌学会(2009年))

●不安

● The anxiety

不安

●不眠

● The sleeplessness

不眠

●腹痛症状

● The stomachache symptom

腹痛症状

●ストレスホルモン(唾液中コルチゾール)

● The stress hormone ( The cortisol in the saliva )

ストレスホルモン(唾液中コルチゾール)

3週間の摂取がストレスの感じやすさを和らげ、自律神経活動の調整にかかわる可能性を確認!「C-23ガセリ菌」の有効性データ② ?脳血流測定試験?

Of the susceptibility of the stress the 3 week intake softens and I confirm the possibility to concern the adjustment of the autonomic nerve activity! ” The C-23 ガセリ bacteria ” effectivity data ②
?The cerebral bloodstream measurement test?

試験概要

The test overview
ストレスを自覚している健康な人8名に、「C-23ガセリ菌」を含む粉末を3週間摂取してもらい、摂取前後の脳血流の変化を評価しました。

I had the powder which contains ” the C-23 ガセリ bacteria ” in eight healthy persons who feel a stress taken in for 3 weeks and I evaluated the change of the cerebral bloodstream before and after intake.

結果

The result
「C-23ガセリ菌」の摂取により、ストレス応答と自律神経活動にかかわると考えられる脳の部位(基底核)での血流量が抑制されることが確認されました(図5)。
この結果から、「C-23ガセリ菌」の摂取が脳腸相関のサイクルに働きかけ、ストレス感受性低下や自律神経活動の状態に関わっている可能性が示唆されました。

( Figure 5 ) of ( that that blood flow volume in part ( ( basal ganglia ) ) of the brain to think that concerns stress replying and an autonomic nerve activity was restrained by the intake of ” C-23 ガセリ bacterium ” ” was confirmed
The intake by ” the C-23 ガセリ bacteria ” worked on the cycle in the cerebral intestinal-phase barrier from this result and the possibility to concern the condition of the stress susceptibility decline and the autonomic nerve activity was suggested.

(K Rokutan et al: 11th Symposium on Lactic Acid Bacteria(2014))

●脳血流量

● The cerebral blood flow volume

脳血流量

「C-23ガセリ菌」の抗ストレス作用メカニズム

The 抗 stress operation mechanism of ” the C-23 ガセリ bacteria “

ストレスを感じて異常をきたしている腸内で、「C-23ガセリ菌」は腸から脳へつながる神経活動を活性化させます。すると脳から指令が出されるストレスホルモン(コルチゾールなど)の分泌が抑えられ、ストレスが緩和されます。また脳から腸へつながる自律神経活動が調節され、ストレス時に乱れる自律神経活動を正常化し、ストレス関連症状を緩和すると考えられています。
「C-23ガセリ菌」はこのような〝脳腸相関〟のサイクルに働きかけ、不安や不眠の緩和といった抗ストレス作用や腹部症状を正常化する作用があると考えられています。

In the intestines to feel a stress by and for them to bring about a malfunction, ” the C-23 ガセリ bacteria ” activates the nervous activity which leads from the intestines to the brain.
Then, the secretion of the stress hormone ( the cortisol and so on ) to let out an order from the brain is suppressed and a stress is eased.
Also, the autonomic nerve activity which leads from the brain to the intestines is controlled and I think that it normalizes the autonomic nerve activity which is disordered in case of the stress and that it eases a stress relation symptom.
I think that ” the C-23 ガセリ bacteria ” works on the cycle in such 〝 brain intestinal-phase barrier 〟 and that it has 抗 stress operation such as the anxiety and the relaxation of the sleeplessness and the operation which normalizes an abdominal symptom.

 

腸と脳との関係

ストレスの緩和

The relaxation of the stress

  1. 腸から脳へつながる神経活動の活性化
  2. ストレスホルモンの抑制
  3. 自律神経活動の正常化

1.The activation of the nervous activity which leads from the intestines to the brain
2.The restraint of the stress hormone
3.The normalization of the autonomic nerve activity

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です